骨盤の歪みを正し効果的なダイエットを

下半身ダイエットは、下半身太りの原因のひとつである骨盤のゆがみを治すことで、痩せ易くさせる方法です。骨盤のゆがみは、内臓に悪影響を及ぼすだけではなく、むくみやすくなってやせにくい肥満体質になる原因になります。

歪みやずれのない骨盤にすることと、適切な運動をすることが、下半身をシェイプアップさせるためには必要です。骨盤にずれがあるかどうかをチェックする、手軽なやり方があります。

目をつぶった状態で、足踏みを50回してみてください。足を上げ、手をふって、きちんとした動作で足踏みをしていきます。もしも骨盤に歪みがある場合は、足踏みをし終わった時点で、足の向いている方向が、最初の状態とは異なっています。

下半身ダイエットのためには、骨盤を正しい位置に戻してあげることが重要なのです。自宅でのエクササイズで、効果的なものがあります。

四股立ちという、エクササイズです。立って、両ひざを真横に開いて腰を落とし、両手は膝の上においてひじを伸ばします。下半身の状態が整ったならば、右なら右、左なら左の肩を斜め前に向けます。

足がぐらぐらするなら、股関節の筋肉が衰えています。この状態で、肩を斜め前へと入れていきます。腰から上が前へと傾くなら、どこかに歪みが残っているといえるでしょう。

四股立ちは家庭でも簡単にできるエクササイズですので、骨盤の歪みを正し、下半身の効果的なダイエットに活かしてください。