マッサージで血流やリンパの流れをよくする

足やせをしたい場合には、足が太くなる原因を突き止めることが必要です。足がやせない理由は、さまざまありますが、その足がやせない原因のひとつがむくみです。

どうしてむくみが起きるかは人それぞれですが、血の巡りが悪い人、塩分過多な食生活、筋肉の弱体化などがあります。どんな成り立ちでむくみが起きているかを知ることが、むくみ対策では重要になっています。

塩分の入りすぎている食事をしている人は、塩をあまり使わずに食事をつくるようにしてください。日常の食事で塩分がどのくらい多いかだけでなく、しょっぱいスナック菓子の食べ過ぎも要注意です。

むくみの背景には、血流が滞っていることもあるといいます。冷え症は、末端の毛細血管まで血流が行き渡っていない状態なのです。血行不良を解消するためには、元にある大きな血管を温めてあげることが不可欠です。

足やせをしたい人は、足の付け根あたりを温めて、血流を良くするように心がけましょう。下半身を使った運動をしない人、一日じゅう座り姿勢でいる人も、むくみ体質になりがちです。

筋肉を動かさない生活をしていると足やせは実現しませんので、意識して足の筋肉を使うようにしましょう。足の筋肉を刺激するために、毎日30分程度は歩くようにすることが、効果があります。

カリウムを意識して摂ることが、むくみの解消につながります。足やせ効果を得るために、リンパ腺をマッサージして血流やリンパの流れをよくしてあげるという方法もあります。